娘をバットで殴られて

2017年5月24日,神戸市児童館で小2男児が職員を後ろからバットで殴る事件が起きました。その職員は私の娘です。事件以降のあれこれを記していきます。ブログ開設趣旨を,開設日2018年10月3日に記載しています。私は,久保田昌加(仮名)

被害者である娘の症状

 娘の現在の症状についても記しておきます。

 現在の主たる症状としては、「突発性難聴」と「バレリュー症候群」があげられます。右耳の突発性難聴については、聴力が固定され、回復することはないと診断されましたので,補聴器を使用しています。「バレリュー症候群」は、頭や首の外傷後に後頚部交感神経の障害によって興奮し、めまいや倦怠感、目のかすみなどが主たる症状とされています。寛解(一時的な軽減)と悪化を繰り返すので,悪化のたびに入院加療を必要とします。

 ほかに,頭部外傷による身体各所の痛みに時々襲われ、これらの治療のため複数の医療機関に通院しています。余り病院が多いため,労災での診療負担からこぼれる診療も出てくる可能性があり,その医療費負担を心配しています。症状の要因が頭部外傷によるものなので,これまでの診療の中でも,頭部外傷からの影響を指摘されることがほとんどでした。頭部への衝撃は、時間が経過してから症状が表面化することも少なくないとされますので、今後現れる症状も頭部外傷と関連して語られることも少なくないと受け止めています。それゆえ,これから先に対する不安も小さいものではなく,そうしたことへの無理解に悩まされることも少なくないようで,不安を抱えたままの生活が繰り返されています。

 また、かつての記憶のいくつかを思い出せずにいるほか、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の診断も出されており、カウンセリングも定期的に受けています。

 娘は,現在に至るまでたくさんの医師に診ていただいています。しかし,その中には娘の症状を真剣に受け取ってくれない医師もいました。「生活保護狙いの詐病患者」と混同されたり,「ムチウチの詐病」と診られたり,その都度つらい思いを繰り返してきています。私の半分以下の時間しかまだ生きてきていませんが,これに関しては私以上の経験を積み上げたようです。今診ていただいている先生方には,事件のことも含め,誠実に対応していただいていますので,これからも頼りにしていきたいと娘は考えているようです。