娘をバットで殴られて

2017年5月24日,神戸市松原児童館で小2男児が職員を背後からバットで殴る事件が起きました。その職員は私の娘です。事件についてのあれこれ,世に伝えられる暴力などについて考えたあれこれを記しています。4の付く日に更新しています。私の名前は,久保田昌加(仮名)。

被害者への神戸市の向き合い方

 娘の事件は神戸市の児童館で起こったわけですが,施設設置者である神戸市から被害者である娘に問い合せなり確認はありませんでした。児童館(指定管理者)が雇用した職員だから,ということまでは理解できます。そこを含んだ報告が市になされているわけですから。しかし,その職員が警察に被害届を出した,ということになればどうなるのでしょう。児童館の報告とは異なる情報を持つと解釈されるところではないのでしょうか。被害者のそうした動きは,娘と私が指定管理者を訪問して警察への協力を申し入れた(2017年)6月28日に神戸市に報告されました。私は何らかの形で神戸市が被害者側に接触を図ってくるだろう,善良な公務員の方々であればそれぐらいの行動はあり得るだろうと期待しましたが,残念ながらそうした動きはありませんでした。そこまでは前回記しました(「被害者の視点も大事な情報」)。

 では,神戸市が被害者にどう向き合おうとしたか,というあたりを行動に現れた部分から確認しておきます。神戸市が直接動くのはこの年の12月19日,事件から半年以上経過したこの日に事件が新聞に報じられることになったからです。この報道について説明しておくと,大人であれば犯罪として報道される行為が子供だから報道されないことに疑問を感じていた娘が,旧知の犯罪被害者家族の斡旋で新聞記者と会う機会を得たことから取材が進められたものでした。加害者が少年であることなどへの配慮から,事件現場を「兵庫県内」と大まかにし,娘の名前も出さない形で進めたものでした。ところが,神戸新聞が事件現場を神戸市内に特定して報道する動きを見せたことから,急遽神戸市が記者会見を行います。報道内容が被害者を中心としたものであることは,それまで依存してきた児童館の情報とは異なることを意味し,釈明が必要と考えたのでしょう。「大騒ぎするほどの問題ではないのだ」と言いたかったのかもしれません。いずれにしても,公正中立と考えていた神戸市が被害者を邪魔者と見ている,そのことを私たち親子は覚悟しなければならなくなりました。

 では,その記者会見で何を語ったか。翌20日付の神戸新聞によると,事件の経緯と「公園で野球をしてはいけないルールに不満」を感じた児童が起こしたとの説明は児童館情報そのままです。男児に落ち着きがないので職員を加配していたとあり,新聞の見出しが「職員加配も防げず」とあります。ここがポイントで,「市としてやることやっていた」と言いたかったのでしょう。ただ皮肉なことに記者会見で注目されたのは,加害児童が「発達障害」と説明したことではないでしょうか。会見した日のテレビニュースでは「発達障害は暴力に結び付かない」と専門家が否定的見解を示す問題発言でした。「発達障害」の文言は神戸市が記者会見用に準備した資料には見当たりません。この情報も児童館に依存した結果だと私は受け止めています。娘と私が指定管理者の事務所を訪問した際,指定管理者側が強調していた言葉のひとつが「加害児童は発達障害」でした。私は娘から,発達障害が暴力と結び付かないことや加害児童の資質的要因について説明を受けていました。神戸市の課長は児童館の情報を鵜呑みにしたままだったようです。課長のリップサービスとして出たと解すべきものだと推測しています。私もテレビニュースの録画を見,課長が笑いがちな表情で説明していたのを憶えています。資料に無い話を持ち出し,事件の衝撃度を児童の特殊要因で薄めたいと考えてペラペラ言っちゃったんでしょう。
 記者会見用の資料の中に次のような記載があります。警察による触法調査によって加害児童は児童相談所に通告されたわけですが,これについて「児童相談所への通告は警察が行なったものなので不明。被害職員の親族が警察に届けを出されたのが6月27日であったためその後と思われる」とあるのです。ここに記載の「6月27日」は初めて警察へ相談に行った日で,被害届の提出は7月に入ってからになります。児童館の情報を確認する行動がなかったことを意味します。加えて次のことも指摘できます。神戸市の場合,児童相談所は神戸市こども家庭センターになります。この施設は児童館担当と同じこども家庭局に属します。警察から児相への通告は10月に行なわれていたのですが,その情報を持っていません。児童の情報は出せないにしても,資料には別な表記の仕方があったはずです。児童館担当は,同じ局内の部署の情報すら収集しようとしていなかったわけで,これは彼らの情報収集の姿勢を物語っていると考えています。

 ここまでの説明だと,市が情報への対応力が無いように感じられるかもしれませんが,彼らとしては児童館情報により現地確認した6月5日,被害届が提出される前の情報の中に事件を押し込めておきたいとも読めるのです。私には彼らが耳目をふさいだ人たちとしか思えないのです。公務にある人たちの不可解と考えるのです。