娘をバットで殴られて

2017年5月24日,神戸市松原児童館で小2男児が職員を背後からバットで殴る事件が起きました。その職員は私の娘です。事件についてのあれこれ,世に伝えられる暴力などについて考えたあれこれを記しています。4の付く日に更新しています。私の名前は,久保田昌加(仮名)。

不誠実と向き合い続けて

 2017年5月24日午後4時頃,神戸市松原児童館前の路上。児童館職員として他の児童に注意を与えていた娘は,小学2年男児に背後からバットで後頭部を殴打されました。その場に昏倒した娘は,近くにいた通行人の女性が叫びながら近寄って来る姿を朦朧とした意識の中で感じていたといいます。それが事件の部分です。
 この事件の主な要因として娘は,加害児童の暴力的な行動が事件以前から見られたこと,この児童の周囲の子供たちにも暴力を同調する空気があったこと,児童たちのこうした行動への毅然とした対応が考えられていなかったことなどをあげていましたが,具体的に関係者が調査することはありませんでした。

 事件直後の施設の対応にも疑問点が残されています。助けてくれた女性の情報が残されていません。頭部をバットで殴られて昏倒した被害者に対して救急車も呼ばれていません。振る舞いが普通だったからと言いますが,スポーツシーンなどで見かける対応から考えても常識を疑う対応としか思えません。今も続く脳外科専門医の治療を受けられるまで1年以上の時間を無駄にしたのは,救急対応を行わなかったことに起因すると考えています。バットで人を殴るという暴力行為を行った加害児童に対し,少年法児童福祉法に見合う対応も取られていません。娘からの被害届提出により加害児童が警察から児童相談所に通告されたという結果から考えて,無責任と言わざるを得ません。児童館という施設や学童保育という事業の持つ公共性を考えた場合,公的な業務に携わる姿勢が甘過ぎます。

 この事件によって娘は,平穏な日常と思い描いていたささやかな未来を大きく修正せざるを得なくなりましたが,そのことへの対応も理不尽なものでした。児童館指定管理者から市に報告された内容は矮小化されたものと考えられますし(「記録で確認できる隠蔽・矮小化」),その言説は業界関係者にも流されていたのでしょう(「事件は学童保育で起きたのですが」)。被用者である娘に対する生活支援は,見舞金も含めて一切なく,労災保険の適用手続しか行いませんでした。事件を矮小化してコトナカレで処理しようとしていた指定管理者にとって,警察へ被害届を提出した娘の行動は用意したシナリオを書き換えさせるものでしかなく,支援しないのはその報復としか思えません。隠されている悪意はまだあるでしょう。
 暴力行為を行った児童の保護者からの謝罪行動はありませんでした。指定管理者からの報告が矮小化されたものだったとしても,以前から暴力行為が繰り返されていたことを考えると,保護者としての責任を疑います。加えて,少年法が子供の姿を社会から守ることによって,子供が起こした事件と被害者の姿も隠されてしまう現実があることに疑問を覚えます。少年法の被害者は一般の犯罪被害者よりも不利な立場に置かれることを敢えて記しておきます。
 加えてこのブログでしつこく記してきた児童館の設置者である神戸市の姿勢です。被害者からの被害届提出以降の事件情報に対する向き合い方,被害者からこれまで情報収集すらしなかったのはなぜ?という疑問です。児童館で発生した他の事件との比較でも疑問符が残されています(「指定管理者と施設設置者の役割分担は」)。事件の全貌を自ら明らかにすることもなく,指定管理者や保護者の対応が不誠実なままにある背景には,施設設置者の毅然とした行動を見せなかったことが影響したと考えています。

 このブログではこれまで,娘の事件に関連する組織,施設設置者である神戸市役所の児童館担当とその委託を受けた指定管理者の不作為・不誠実を記してきました。なぜ彼らがそのような不作為・不誠実のままにいられるのか。事件というものは,社会のルールから外れてしまう行為で起こされます。社会を維持形成するために制度や組織が存在し,誰もが何らかの形でそうした組織に属します。地縁血縁や職業,階層や経歴などによる組織が持つルールが守られる中では平穏な日々が続きます。その平穏が既得権となって日常が確保されるとも言えます。そうした平穏の日常を壊す者によって「事件」が起きます。すると壊れたところから転げ落ちる者が出ることになります。それが被害者です。その被害者が,時に元の組織から疎外され,時に敵対しなければならないことを娘の事件で学びました。犯罪被害者が社会的弱者であることを多くの人に考えてほしいものです。
 娘は事件の要因や対応を問い質そうとしてきましたが,平穏の中にいる当事者たちは事件そのものに触れようとしないままに時間を過ごしてきました。それが社会における信用や名誉を維持につながるから。平穏が持つ既得権を守ろうとしたとも言えますが,彼らが守ろうとしたのは既得権ではなく,自らの落ち度を知られたくないという保身から来るものです。平穏の中では既得権が幅を利かせ,そこから落ちた者の声は聞こえにくくなります。当事者たちは平穏な日常を継続し,被害者はその壁の厚さにさいなまれる日々が続きます。娘は心ある方々の支えを頼りに不誠実な人々への抗いを続けてきましたが,満心創痍です。それでも前に進むことを諦めてはいません。