娘をバットで殴られて

2017年5月24日,神戸市松原児童館で小2男児が職員を背後からバットで殴る事件が起きました。その職員は私の娘です。事件についてのあれこれ,世に伝えられる暴力などについて考えたあれこれを記しています。4の付く日に更新しています。私の名前は,久保田昌加(仮名)。

記憶消失の間にあったこと

 娘の事件現場について,事実をすり替えていたことを記したとおり(「やはり『うずくまる』は作為だった」),事件は出発点から故意に歪められています。今回は,事件の日が終わるまでについて振り返っておきます。

 事件2カ月後の2017年7月,児童館指定管理者から送られた児童館長作成資料では,直後の娘は児童館で「しばらく頭部を冷やし安静臥床」とだけあり,その後に病院へとなっています。現場に救急車が呼ばれていなかったことをここで知ります。その後9月に労災書類への「意識を失っていた」とした娘の記載に対し,指定管理者から事件直後に「意識が戻って」いたとするクレームがあったので(「脳震盪って軽くないんです」),それに対する反論を指定管理者に文書で伝えました。頭部打撃による衝撃は娘の記憶をあいまいで途切れ途切れなものにし,間もなく途絶えた記憶は最初の病院の診療時になってやっと取り戻されますが,そのことを記しました。頭に受けた衝撃が軽いものではないと認識する私とって,頭への打撃を軽視する児童館の対応への疑問でもあります。

 すると翌10月に代理人から返信があり,そこに児童館長が新たに作成した「事実経過報告書」が添えられていました。事件当日の娘の状況を記したものです。それによると,午後4時の事件発生直後,娘は通行人の女性に抱えられて児童館1階の玄関前まで連れてこられ,児童館職員が引きとって2階のロッカー室で休ませます。この段階での会話について,「歩ける?」「吐き気は?」「痛みは?」などの問いに娘は普通に答えていたようです。その後,子供たちが帰ってから,「大事をとって」脳外科の受診を「すすめ」,午後5時半頃に施設の車で近くの脳外科病院に連れて行きます(「大事を」取るなら事件直後に!)。病院に着くまで館長が事件時の様子を聞いたとありますが,書かれているのは凶器となったバットのことだけです(バットの「軟らかさ」を強調したいようです)。病院では娘自身が受付手続を取っています。以上の報告を前提として,代理人は「意識があることはあきらかな状態」で,「記憶が混乱しているか否かと意識を失っているか否かは全く別」とし,娘が正常な状態にあったことを強調します。受傷を軽くしておきたい意図が明らかです。

 ここに記されていることは娘の記憶にはない話です。だからといって,記載の全てを否定するつもりはありません。娘の記憶にないのは,脳振盪による「記憶消失」の中にあるからだと考えるからです。意識消失は,一瞬で終わる軽度の場合から数時間に及ぶ重度の場合もあるとされます。娘の場合は2時間程度です。この間,被害者が動けないわけではないし応答も普通にできるのですが,その間の行動や言動は本人の記憶に残されません。短時間でも当人は何が起きたのか理解できない場合が多く,前後の記憶が混乱し,受傷時の記憶は思い出せないことが多いとされます。診察に際しては念のためにCT検査を行うことはありますが,脳振盪が画像に現れることはなく,多くの場合,周囲にいた人からの丁寧な問診を行うことで診断されます。事件時の状況を把握せず,受傷から2時間近く娘の様子見をしていた同行の上司は,医師にどのように丁寧な説明をしたのでしょうか?診療の後には家まで送ってもらったようですが,脳振盪の場合,24時間以内は一人でいることを避けるようにとする注意もあります。娘は記憶が混乱したまま,一人で夜を過ごすことになりました。親としては,こうした扱いに腹が立つばかりです。

 脳振盪は,外見は何ともなさそうに見えますが,頭の中では脳に重篤な損傷をきたし,数年後に後遺症が出てきたりする場合もあるので放っておくのは危険とされています。頭蓋骨骨折や頭蓋内出血などが確認できる場合には,その治療が優先されたのちに脳振盪を調べることになるようです。画像診断は最新の装置でなければ有効ではないようですが,この「見える見えない」が事態に大きな影響を与えます。
 前回紹介した労災に関する上司W(館長)の証言に,「出血はなく頭部に傷があるようには見えませんでした」とあります。上に記した児童館のずさんな対応の出発点はここにある,と私は考えています。もし現場に血が流れていたら,その後の展開は娘にとって楽だったと考えています。より重傷な状況が多いと思われるので,娘に怒られることを覚悟のうえで記しますが,「血が見えなかった」ことが事件現場の判断に大きく影響していたはずです。脳振盪という血の見えない症状だからこそ,そこに悪意に浮かび,事件直後に現場に走り寄ってくれた通行人の言葉をすり替え,重い脳振盪の中にあった被害者を軽傷扱いにし,事件そのものを矮小化の方向に持ち込むことができたと考えるのです。検証が行われないように仕組まれた偽りが,今も大きな顔をしています。