娘をバットで殴られて

2017年5月24日,神戸市松原児童館で小2男児が職員を背後からバットで殴る事件が起きました。その職員は私の娘です。事件についてのあれこれ,世に伝えられる暴力などについて考えたあれこれを記しています。私の名前は,久保田昌加(仮名)。

労災

「ウレタン製バット」と「叩く」が意味するもの

前回,労災の判断に関する疑問を記しました。「労働者災害保険審査官決定書」を読み込む中で気付いたことです。その中の一つとして「災害発生状況」の記載内容,同僚と上司の証言の違いにも触れました。子細については,『やはり「うずくまる」は作為だった…

改めて労災への疑問を整理します

昨秋から娘の診療に関連する労災の判断に対する疑問を綴ってきましたが,経過もあるので一度整理しておきたいと思います。基本的に私は,これまで綴じ込んでおいた娘の事件資料を見返しながら文章を綴っています。労災に関しては労基署が作成した資料から作…

診療記録から抽出する意図

昨秋より,娘の事件に対する労基の判断に対する疑問を折々つづってきましたが,今回もそれに続きます。これらの疑問は,娘に送られた労災に関する「決定書」の写しを見ながら拾っていますが,この中にはこれまで診療を受けてきた病院で作成した資料から作成…

エピソードの中に見えた本音

前回,事件2時間後に受診した最初の脳外科の対応に伴う疑問に記しました。労基署ではこの病院と,この病院から紹介されて当日夜と翌日の2回の聴覚障害を診察した病院との2カ所しか労災の対象としないと決定しました。もちろん私は納得できないのですが,…

事件直後の診察に対する疑問

娘は,事件当日の脳外科・耳鼻科から始まって整形外科・神経科・精神科も受診し,その後やっと脳損傷専門医にたどり着き,現在も治療を続けています。専門医のアドバイスで,身体各所の痛みとの関連性についても冷静に受け止めるようになりました。しかし,…

脳損傷がなかなか認められないのは

労災に関連する記載を続けます。娘が事件後受けた治療に関連して,頭をバットで殴られたことによる受傷,中でも脳振盪後遺症に関連する治療を労災が認めないことに対する疑問は納得いかないままにあります。これまでも何度か脳振盪後遺症に触れてきましたが…

労基署の対応を振り返って考える

前回,娘の労災に関する「決定書」の記載に,労災医員の恣意的な記載があることを記し,それが労基署担当や労災協力者の事件に対する認識を象徴するものとしました。そこで改めて,労災担当者である労基署の対応について振り返ってみたいと思います。 労災関…

なぜ「軽微な頭部打撲」なのか

娘の事件に伴う労働者災害補償保険,いわゆる労災に関連する内容が不利な方向に動いていることについて,これまでもチラチラ記してきています。これに関連する「決定書」なる資料が,A4版100ページほど,目次だけでも7ページあります。医師による小難しい…

医者と向き合う中で

小2男児にバットで頭を殴られた娘の,その後の治療経過でのことを記します。頭に衝撃を加えられた場合,目に見えない脳の機能不調が何らかの形で体に影響を及ぼすものと私は考えていました。その後の娘の体調と関連する診療状況を見ていると,その考えはあ…

やはり「うずくまる」は作為だった

前回,娘の事件現場の真実が偽られていることを記しました。バットで頭を横から殴られた人間が,「倒れ」ずに「しゃがむ」動きをするのは無理があるのではないか,と(「改めて事件現場を考える」)。この考察の根拠とした資料は,児童館長が作成して事件2…